ファンドマネージャーはシミュレーション業務、運用管理業務、財務処理業務の全てを一元管理することが可能な不動産ファンドの総合システムです。

購入から売却までをトータルサポート

Fund Managerはファンドの組成(SPCの組成)から、物件の仕入れ、出資者情報の管理から、配当実績・物件の売却に至るまでを行えるAMサイトと、入退去管理(契約)や営繕・クレーム管理などを行えるPMサイトからなる不動産ファンド業務を行うための統合システムです。
AMサイト・PMサイトとサイトは分かれておりますが、データベース自体は一つですので、AMサイトの情報の一部をPMサイトに反映させたり、逆にPMサイトの情報を取り込むといった情報のリアルタイムな共有化を実現しております。

AM機能

アセットマネージャー向け

ファンド(SPC)の組成を行います。運用対象となる物件情報の登録から出資者の情報、出資金の情報に至るまでファンドを組成する上での基本情報を登録します。
ファンド(SPC)を運用していく中で必要となる、予算と実績の比較や、配当実績のデータ取り込みなどを行うことが出来ます。また、実績データを元にAMレポートの作成も可能となります。
PMサイトで登録されたデータをもとに、予実の分析などを行うことができます。また、PMサイトで登録されてある修繕情報・点検契約・クレーム情報などを参照することも可能です
システムを稼働させていく中で作成されるデータを元に、建物別の稼働率やNOI・売上などの情報が確認できるようになります。
PM機能

プロパティマネージャー向け

新規契約時の契約金データの作成から、契約更新・改定の処理、解約に至るまで、契約に関わる業務の管理を行うことが出来ます。
賃貸管理業務を行っている中で日常的に発生する入居者などからのクレーム問い合わせや、修繕の計画作成・管理などを行うことが出来ます。
毎月回収する家賃の請求データ作成から入金・未収金の管理までを行うことが出来ます。
修繕時に発生するような業者への支払データの登録、各種Fee(PM・CM・LM)の確定などを行うことで、ファンディングリクエストの作成をすることが出来ます
PMサイトの実績データを元にAMへ提出するマンスリーレポートが自動作成されます。
メールでのお問い合わせはこちら